マザーボード

ビデオカード

ネットワーキング

ミニ PC

産業用 PC

サーバー/ワークステーション
ニュースセンター
ASRock、AMD Ryzen対応マザーボード BIOS更新のご案内 AMD RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズに備え、BIOSを更新

ASRockはAMD RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズをASRock製 AMD X370 / B350 / A320シリーズチップセット搭載のマザーボードでご使用いただくための BIOS を公開いたしました。

AMD RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズをご使用いただく場合、対応BIOSが必要となります。 下記、対象製品と対応 BIOSバージョンについてご案内いたします。

【ご注意】
BIOS更新を行う際、AMD RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズ以外のCPU / APUとUSBフラッシュが必要となります。※非対応BIOSで起動することはできません。またAMD RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズをご利用いただく場合、 2段階のBIOS更新作業が必要となります。

手順1:Bridge BIOSに更新。

手順2:Bridge BIOS更新後、AMD RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズ対応BIOSに更新。

以下のシールが貼られている製品はAMD RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズ対応BIOS搭載品となります。

1.各製品対応BIOS一覧 (日本未発売製品を含む)

型番Bridge BIOSバージョンRYZEN™ DESKTOP 2000シリーズ対応BIOSバージョン
X370 Killer SLI/ac3.504.50
X370 Killer SLI3.504.50
Fatal1ty X370 Gaming K43.504.50
Fatal1ty X370 Gaming X3.504.50
Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac3.604.40
AB350 Pro43.404.60
AB350M Pro43.404.50
AB350M3.204.40
Fatal1ty AB350 Gaming K43.404.60
Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac3.604.40
AB350M-HDV3.404.40
A320M Pro43.404.50
A320M-DGS3.404.40
A320M-HDV3.404.40
A320M3.204.40
X370 Taichi3.304.40
Fatal1ty X370 Professional Gaming3.304.40

2. BIOS ファイルを製品ページよりダウンロードし、 USBフラッシュ (FAT32 形式) 、ハードディスク (FAT32 形式) などのデバイスに保存してください。

3. BIOS更新手順 例) AB350 Pro4

P3.40以降のBIOSバージョンを更新する前に、必ずBridge BIOSを更新してから、 RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズ対応BIOSバージョンを更新して下さい。 ステップ1: マザーボードにSummit / Bristol Ridge CPU、メモリモジュール、およびVGAカードを取り付け、 ダウンロードされたBIOSファイルを入れたデバイスを接続し、システムの電源を入れます。 POST中に [F2] キーを押して BIOS セットアップメニューを開きます。 [Tool (ツール) ] メニューでインスタントフラッシュユーティリティを選択します。

Bridge BIOSバージョンを選択して更新します。

ステップ2:BIOS更新後、システムは自動的に再起動します。続いて、RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズ対応BIOSを更新します。 POST 中に [F2] を押して BIOS セットアップメニューを開きます。
※Bridge BIOSバージョンに更新されていることをご確認ください。

[Tool (ツール) ] メニューでインスタントフラッシュユーティリティを選択し、 RYZEN™ DESKTOP 2000シリーズ対応BIOSを選択して更新します。

ステップ3:P4.60 BIOSに更新後、システムは自動的に再起動します。

ステップ4:再起動後、POST中に [F2] を押してBIOS セットアップメニューでBIOSバージョンを確認して下さい。
以上で、BIOSのアップグレードは完了です。