マザーボード

ビデオカード

ネットワーキング

ミニ PC

産業用 PC

サーバー/ワークステーション
ニュースセンター
ASRock、優れた設計と性能を備える X570 シリーズ マザーボードを正式に発表

台湾、台北、2019 年 7 月 4 日 – 世界をリードするマザーボード メーカーである ASRock は、Computex 2019にて、新しい AMD X570 マザーボード シリーズを正式に発表しました。

本シリーズには、ゲーム愛好者向けの性能を提供する手ごろな価格のマザーボードから、コンテンツを作成するパワー ユーザー向けのマザーボードまで、すべての利用者のための10 のモデルが含まれています。ASRock の X570 マザーボードは、次世代 PCIe 4.0 インターフェイス、AMD Ryzen™ 2000 および 3000 シリーズを含む最新の強力な AM4 プロセッサーを活用しています。これらの新しいマザーボードは、Taichi Gaming や Phantom Gaming などの信用の高い ASRock の名前を引き継いでいます。

次世代 PC の美学

ASRock の X570 マザーボードの新しいデザインは大きく前進しました。ASRock は、美しさと機能の両方を組み合わせており、太い角張ったラインでマザーボードを魅力的に見せるだけではなく、その見た目と同じく素晴らしい動作を実現します。マザーボードを完全に覆うアルミ製ヒートシンクは、PCIe 4.0 NVMe M.2 SSD およびチップセットを冷却・保護します。巧みにデザインされたカラー LED システムは、目をひきつけるだけではなく、高級感を与えます。RGB 効果をさらに強化したい場合は、Polychrome SYNC フルカラー RGB LED 照明を使って PC をカスタマイズすることができます。これは、3 ピン アドレス指定可能 RGB ヘッダーと従来の 4 ピン RGB LED ヘッダーを提供しており、ユーザーは、マザーボードに RGB ストリップを直接接続し、付属のアプリを使って照明システムを同期させることができます。

接続性および性能: Wi-Fi 6 (802.11ax) および PCIe 4.0

ASRock の X570 シリーズは、次世代 PCI Express 4.0 の利点をユーザーに提供します。これは、第三世代と比較して、2 倍の速度と性能を実現します。ASRock の追加のアンカー ポイントを備える革新的かつ独自のスチール製設計は、信号の安定性を保護し、システムを移動する場合にも、重いグラフィックス カードが安全に取り付けられるようにします。ASRock X570 マザーボードには、革新的で新しい Wi-Fi 6 (802.11ax) 高効率ワイヤレスイヤホン ネットワーク インターフェイスが搭載されています。これにより、最大 2.4Gbps の Wi-Fi 接続速度を実現し、到達範囲を拡大するために MU-MIMO などの次世代ワイヤレス技術を利用可能にします。

堅牢で信頼性の高いマザーボード設計

ASRock の新しい X570 マザーボードには、優れた設計に加えて、Dr. MOS、高級な60A 電源コイル、Nichicon 製 12K ブラック コンデンサーが含まれています。つまり、X570 マザーボードは、タスクに関係なく堅牢な信頼性を実現するだけではなく、オーバークロック時でも、システムの安定性を維持することができるのです。ゲームをしたり、専門的なコンテンツのレンダリングを行う場合でも、性能を強化するために、この美しくデザインされた事前取付式入出力シールドにより、公差に適合するための追加空間を保存し、シャーシーに完璧に合うように取り付け中にその位置を調整することができます。装飾的な色のみを使って飾られた、いわゆる事前取付式入出力シールドとは異なり、ASRock は、設計が調整しやすいため、PC の自作や取り付けが簡単で、取り付け時の損傷も防止します。

ASRock: AMD X570 および Ryzen 向けの明白な選択肢

優れた機能、驚くような美しさ、すべてのユーザー向けの幅広い製品を備える ASRock マザーボードは、新しい AMD570 システム向けの明白な選択肢です。