ASRock
トップページ | Japan / 日本語 [Change]
ASRock channel on YouTube
Follow ASRock on facebook noew!
Intel X99 Series
Intel 9 Series
M8
Cloud
Fatal1ty Killer
FM2+
Fatal1ty

Z68 Pro3

  1. ASRock DuraCaps (使用時間2.5倍), 100% 日本製高品質の高導電性固体コンデンサ
  2. Intel® K-Series Unlock CPU に対応
  3. Intel® スマート・レスポンス・テクノロジー
  4. デュアルチャンネル DDR3 2133(OC) 対応
  5. Intel® HDグラフィックス内蔵ビジュアルのサポート
  6. グラフィックス出力オプション: D-Sub, DVI-DおよびHDMI
  7. 2 x USB 3.0 ポート, 4 x SATA2 コネクタ
  8. ASRock XFast RAM, XFast LAN, XFast USB 技術のサポート
  9. コンボ・クーラー・オプション (C.C.O.)
  10. 7.1 チャネル HD Audio およびコンテンツ保護機能 (Realtek ALC892 オーディオコーデック)
  11. ASRock Extreme チューニングユーティリティ (AXTU), グラフィカル UEFI, Lucid Virtu, Instant Boot, Instant Flash, グッドナイト LED, APP Charger
  12. 付帯ソフト: Cyberlink MediaEspresso 6.5 トライアル

受賞履歴

製品の特徴

XFast 555 テクノロジー: XFast RAM / XFast LAN / XFast USB

メモリ使用率を完全最適化
高速インタネットアクセス
USB 速度を高速化します
Photoshop 処理速度 5 倍
XFast RAM はシステムメモリから仮想ディスクを作成して、Photoshop 用の性能を向上させます。従来の速度よりも最大 5 倍の速度で処理できます。
ゲームの待ち時間を短縮
XFast LAN でオンラインゲームの優先順位を高く設定すれば、ゲームの待ち時間を短縮できます。
World of Warcraft: Cataclysm の待ち時間
* 待ち時間が短いほど画面の応答が良くなります
USB 性能比較
ATTO Disk Benchmark 4K Read
ASRockマザーボード
他社製マザーボード


*性能向上率は構成によって異なる場合があります。
Lucid Virtu™

Lucid Virtuソフトウェアにより、第2世代のIntel® Core™プロセッサーを組み込んだ次世代PCは電源、パフォーマンスおよび機能に基づき、リアルタイムでタスクを利用可能な最高のグラフィックスリソースに動的に割り当てます。

Intel® Smart Response Technology

マザーボードにSSDやHDDの接続を試みるユーザーの場合、Intel® Smart Response TechnologyによりSSDが「HDDのキャッシュ」になりHDDアクセス速度をアップすることができます。

無料のバンドル - Cyberlink MediaEspresso 6.5トライアル

CyberLink MediaEspresso 6.5 試行版はハードウェアトランスコードをサポートし、お気に入りのポータブルプレーヤー用のすべてのお気に入りメディアファイルの変換を加速するように最適化されます。 iPhone、iPad、PSP、Xbox、Youtube、Facebook などのお気に入りの動画、曲および写真を容易に表示できるようになりました。 TrueTheater 技術を用いれば、好きなだけ画像と曲をコンパイルしたり変換して楽しみ、ビデオを新しいレベルに引き上げることができます。 今すぐ、お試しください!

制限:
30日トライアル版の制限
ビデオをH.264形式に50回まで変換
HDMI™ (高解像度マルチメディア・インターフェース)

本製品は HDMI™(High-Definition Multimedia Interface、高解像度マルチメディア・インターフェース)に対応します。HDMI™ は非圧縮動画データと複数のチャンネルからの音声を 1 本のケーブルで伝送するインターフェース規格です。HDMI™ インターフェース経由で伝送される動画データ信号と音声データ信号は、アナログ信号に変換されていないデジタル信号なので、鮮やかな画像とリアルなサウンドを提供します。
UEFI –革命的な BIOS インターフェース

Unified Extensible Firmware Interface (UEFI)とは、革命的なBIOSツールです。先進的な表示インターフェースにおいて使いやすい調節選択肢を提供します。伝統的なBIOSデザインと比べ、最新のUEFIツールは多くの改善機能を提供します。UEFIの主要機能には以下のものが含まれます:
1.図形視覚体験―UFEIはカラーの図による視覚インターフェースを提供することにより、以前のBIOSのような面白みに欠ける画面と異なりあなたの演算環境をより機動的にします。
2.マウス使用が可能―キーボード操作以外に、UFEIではマウスを使って設定の選択を行うことができます。
3.3TBのブータブルHDD*をサポートするUEFIは、従来のBIOSの2TBのブータブルHDDの限界を打ち破っている。UEFIがあれば、3TBのブータブルHDDを楽しむことができる。

*OSには Windows® Vista-64bit または Windows® 7-64bitの使用が必要。
AXTU-全機能調整ソフト

ASRockスーパーチューニングユーティリティ(AXTU)はオールーインーワンソフトであり、あなたの使いやすいインターフェースでハードディスクのモニター、ファン制御、オーバークロック、OC DNA およびIES等の微調整を行うことができます。ハードディスクのモニターでは、システムの主要パラメータが表示されます。ファン制御に関しては、ファンの回転速度および温度が表示され、調節しやすくなっています。オーバークロックに関しては、CPU周波数、比率および電圧パラメータの設定を調整することにより、システム性能の最適化を行うことができます。OC DNAでは、オーバークロックの設定を保存することができ、また友達と共有することができます。あなたのお友達はあなたのオーバークロック設定を自分のシステムにロードすることにより、あなたと同様のオーバークロック設定を手に入れることができます。IESでは、電圧調整器はCPUコアのアイドル時に自動的に出力電源フェーズを抑えることにより、演算性能を失うことなくその有効性を高めることができます。
C.C.O. (Combo Cooler Option)

C.C.O.(コンボクーラーオプション)はさまざまなCPUクーラータイプを導入できるように、柔軟なオプションを用意している。(Socket LGA 775、1155および1156)
*C.C.O.はすべてのSocket 775 CPUクーラーと互換性があるわけではありません。
**OはSocket 1155とSocket 1156 CPUクーラー用です。
Intel® HDグラフィックス内蔵ビジュアル

Intel® Quick Sync Video
Intel® Quick Sync Videoは、ビデオを作成して編集し、他のデバイスと同期を取ったり、家庭やインターネットで共有したいというPCユーザーの貴重な時間を節約します。Intel® Quick Sync Videoはソフトウェアの代わりにプロセッサ上のハードウェアを使用し、高速なビデオエンコーディングを実現します。

Intel® InTru™ 3D
PCから、シームレスな究極の3Dビジュアル体験をお楽しみください。アクティブシャッター3Dメガネを使用すれば、Blu-rayステレオ3D再生でお気に入りの3Dムービーを見ることができます。HDMI 1.4経由でテレビに1080pのフル、高解像度の画像を表示できます。

Intel® Clear Video HD Technology
Intel® Clear Video HD Technology (Intel® CVT HD)では、多くの高度なグラフィックステクノロジーを使用することで、ピクチャーパーフェクトな画像のリッチメディアを体験することができます。

Intel® HD Graphics 2000/3000
Intel® HD Graphicsがついにプロセッサーに組み込まれました!この統合はより低いレイテンシを意味し、優れたメインストリームゲーミングと強化された3D体験が得られます。

Intel® Advanced Vector Extensions (AVX)
Intel® Advanced Vector Extensions (Intel® AVX)によりコンピュータのパワーがアップしたことで、アプリケーション開発者は新しい、256ビットの命令セットをIntel® SSEに拡張することができます。
当ウェブサイトのデータは予告なしに変更されることがあります。アスロックがすべての権利を保留します。2002~2014版権所有。
上のユーザーインターフェースの写真は参照用のサンプルです。実際のユーザーインターフェースは、ソフトウェアバージョンの更新により異なる可能性があります。